手術いらずの小顔整形!ボトックス注射とはどんなものかを知ろう

サイトメニュー

医者と看護師

失敗するリスクを知ろう

ボトックス注射は小顔整形の中でもリスクが少ない事で有名な施術となります。しかし注意しなくてはいけないのが、100%リスクがないというわけではありません。病院選びやカウンセリングの方法によっては思いもよらない失敗を招く事もあります。

カウンセリングを受ける老人女性

今までの小顔整形との違い

ボトックス注射を利用した小顔整形は今までの小顔整形とは大きく違った特徴があります。その特徴を知る事で、失敗の少ない簡単整形が実現しているのだと知る事ができるので、ここではそのポイントをまとめていきます。

鼻

施術にかかる費用

その日のうちに施術を受けて帰宅できるボトックス注射ですが、気になるのは費用になります。短時間で絶大な効果を発揮してくれる施術となるとどうしても高くなるのではと考えてしまうがここではボトックス注射の費用についてまとめていきます。

手術いらずの小顔整形とは

女性

小顔になりたいと考える人の悩みの中でも「エラがはる」というのは大きな問題です。小顔にするためのマッサージや体操を行っても、なかなかエラをなくす事はできません。昔まではこのエラは骨と同じように生まれ持った骨格と考えられていました。そのため、美容整形の項目にある「エラ削り」と呼ばれる施術方法も、顔にメスを入れて直接エラを削る事で出来上がるものと考えられていましたが、近年このエラが「筋肉」によるものだと分かりました。筋肉が凝り固まる事により、エラがはり顔が大きくなってしまうのが特徴的ですが、それらを薬剤にて緩和させ、小顔効果を発揮させるのが「ボトックス注射」になります。このボトックス注射は小顔整形でも注目度の高い施術方法となります。そのため、様々な院・クリニックが取り扱っている施術方法とも言えます。ではなぜこれほどまでに注目されている施術なのかというと、実は今までのエラ削りは「手術」という項目に部類されるものでした。そのため、外科的手術を行い時間をかけて小顔にします。手術前や術後は入院が必要でその際に経過観察などを行い、問題があれば医師により診断して問題がなければ初めて隊員となりますが、この期間で手術の日も合わせて前後1週間ほどかかると言われています。しかし、現代人にとって1週間も休みをもらうというのはなかなか難しい事です。そのため、出来ることならパパっとその日のうちに完了させたいと考えてしまいます。そんな願いを叶えてくれるのがこのボトックス注射になります。ボトックス注射の特徴はとにかくカウンセリングが長いという事です。今までは手術前に入院してそこで医師とどういった顔にしたいかを話し合いますが、ボトックス注射には入院がまず必要ありません。そのため、施術を行うまでの間に複数回のカウンセリングを取り入れます。そうする事で利用者の考えや希望などを細かく医師が理解して、術後理想とする小顔を手に入れているという流れを作り上げるためです。また、ボトックス注射は薬剤となりますので、人によっては副作用などの点も注意しなくてはなりません。その事もきちんと伝え、場合によっては部分的に試してみる必要もあります。それらの問題点をクリアして、初めて施術が行われるため、今までの小顔整形に比べると格段に失敗率が下がります。また、予め利用者の顔写真を使ってどの部分に薬剤を投与するかを伝えるため、施術の際も的確に対応する事ができます。そうする事で短時間での施術が完了しますし、痛みや違和感などがなければその日のうちに帰宅する事も可能です。万が一違和感を覚えた場合もアフターケアを行っている事が多いため、気軽に相談する事ができるのも多くの人に選ばれている理由になります。ボトックス注射は簡単ですが失敗してしまうとアフターケアがとても難しくなります。そういった点も踏まえてアフターケアの条件内に修復ケアと呼ばれる対応があるのかを確認しておくのも大切です。

Copyright© 2019 手術いらずの小顔整形!ボトックス注射とはどんなものかを知ろう All Rights Reserved.