手術いらずの小顔整形!ボトックス注射とはどんなものかを知ろう

サイトメニュー

今までの小顔整形との違い

カウンセリングを受ける老人女性

小顔整形と言われると多くが手術による骨格変動でした。しかしこの方法での施術になるとどうしても手術までに時間がかかってしまったり、術後の経過観察が必要不可欠になります。また、骨格を削ってしまう事により仕上がりが不自然になってしまうと再度の手術が必要になってしまう事もあります。また、ヒアルロン酸注射やシリコン注射などを利用するという手もありますが、こちらは体質によっては過剰に反応を見せてしまい術後に理想とはかけ離れた顔になってしまったなどの失敗例も数多く存在します。今までは薬剤を投与するのではなく直接的に手術を行う事で永久的に理想の顔をゲットできましたが、伴うリスクがあまりにも大きい事からなかなかにおすすめできない施術方法でもありました。また、大掛かりな施術となってしまう事から行う医師の技術によっては整形しているとバレてしまうなどのマイナス点もありました。ですが、このボトックス注射で行われる施術ははっきりと小顔になったのが分かりますが、メスをいれるのではなく注射による投与になりますので手術痕などはほとんど残る事がありません。稀に体質として注射痕が残ってしまう事がありますが、ニキビよりも小さな跡になりますので気付かれにくいのも特徴的です。また、永久的に小顔でいるわけではありませんが、薬剤の効果は濃度によって半年から1年の期間とされています。効果が切れる前に再度ボトックス注射を利用する事で、変化が見られる事もありませんので、現状維持も簡単に行う事ができるようになります。なにより嬉しいのが長期の入院が必要ないという点です。手術になれば体調なども考慮する必要があるため、どうしても術前に入院を行い万全の状態を作り上げる必要があります。また、術後の経過観察も必要となってくる事から入院が必要になりますが、ボトックス注射は薬剤を投与後効果が出てきた事を確認した後に問題がなければその日のうちに帰宅する事ができます。これらのポイントも今までの小顔整形とは異なるものになります。すぐにでも効果を実感したいと考える現在人向けの施術と言っても過言ではないかもしれません。また、すぐに効果が出る事から術後の異変にも気づきやすいのも特徴的です。稀に術後時間が経った後に顔に違和感を覚えるなどの副作用が出る事もありますが、その場合であっても施術を受けた院またはクリニックに連絡する事で迅速に対応してくれます。「安く早く安心」という三拍子が揃った小顔整形は、今までの小顔整形とは違った画期的な施術方法となっています。また、ボトックス注射は半年という期間で効果がなくなるので、もしも元の顔に戻りたいと考えるのであれば、施術後経過報告を行う際にその旨を伝える事で継続する必要がないのも今までとは違うポイントになります。

Copyright© 2019 手術いらずの小顔整形!ボトックス注射とはどんなものかを知ろう All Rights Reserved.